スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たばこ増税後の動向

10月1日より、たばこ税が大幅に上がりました。
増税前に、買い溜めた人も相当数に上るようです。
では、タバコ税が上がって喫煙者は劇的に減少したか。

ここは難しいところですね。
大方の調査では、喫煙者の動きとして、1日の本数を減らす「減煙」の動きが多い様子です。
嗜好品ですので、「じゃあ明日からやめた」といった具合にはいかないのが実情でしょう。
一般タバコの売り上げは減少していますが、無煙タバコの「ゼロスタイル」に関してはどうでしょうか。

タバコ税が上がれば禁煙を検討する人が増える。
それに伴って、「禁煙具」としてゼロスタイルを購入する人が増える。
こういう見立ても、可能と言えば可能でした。

しかし、「一般タバコをやめてゼロスタイルに乗り換えた」という人は、そう多くない様子。
いまや、人箱400円を超える一般タバコと比べれば、ゼロスタイルは格安です。
それでも、利用者が増えない。これにはいくつかの理由が考えられます。

①メンソールが苦手
これは分かりやすいですね。ゼロスタイルにはミントが含有されていますが、単純にミント系のメンソールが苦手だというお話です。おそらく、このケースがかなりの数に上るのではないでしょうか。

②電子タバコを利用している
この層も、割と多くいるようです。電子タバコは今では一部書店でも購入可能です。

③禁煙するならキッパリ
代替品に頼らずに、禁煙すると決めたらゼロスタイル含め類似品含めタバコは一切やめるというケース。
保険が効くクリニックも存在するらしく、内服薬で禁煙に取り組むという人もいるようです。


もし禁煙を検討されている方がいれば、下記から情報をどうぞ。




ゼロスタイル総合情報まとめ


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

オススメのオンラインゲーム








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。