スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゼロスタイル」、従来のタバコとの違い

5月から東京都限定で発売されている無煙タバコゼロスタイル」(商品名は「ゼロスタイル・ミント」)。
では、具体的に従来のタバコと比べてどこが違うのでしょうか。以下に記していきます。

まずはこの「ゼロスタイル」、従来のタバコとはちがい、「かぎタバコ(嗅ぎたばこ)」という説明がされていますが、いまいち何のことかわからないという方に、軽く説明を入れます。

かぎタバコとは、タバコ葉に加香(バニラや果実などの風味付け)したものを粉末状にしたもので、鼻の内側の粘膜あるいは唇と口腔の間に付着させてニコチンを摂取する喫煙方法・喫煙器具を指します。
加香は、ゼロスタイルの場合はメンソール(ミント)ですね。
たばこを燃やさないので、周囲の目を気にせず、どこでも(機内でも、室内でも)楽しるのがメリットです。
また、煙を吸うことがないので、喉や肺に負担をかけることもなく、もちろん副流煙の心配もありません。


実はかぎタバコは日本にも出回っていて、通販サイトなどで購入できます。

煙に関する条件だけでなく、環境的な配慮も「ゼロスタイル」にはなされていると考えられます。
なぜなら、従来の「一本一本消費して捨てる」タイプではなく、最初に本体(ボディ・吸い口・キャップ)を購入すれば、あとはカートリッジの交換だけで半永久的に使えるからです(それでもカートリッジの中身は使い捨てすが)。

次に、金銭的な問題を、シミュレーションとして計算してみました。
発表では半日~1日の持続とあるのですが、今回はより確実性を期すために、「カートリッジ1個につき半日」で試算しています。

初期コスト・・・本体+カートリッジ2本=300円で、丸1日服用してカートリッジ2本なので従来タバコ(マイルドセブン価格)と同等。

ランニングコスト・・・カートリッジ4本=400円で、丸2日服用して消費する計算だと1日200円。

問題は、一度口から話しても本当に半日間、効果(風味)が消えないかどうかですが、単純計算だと従来のタバコよりお得感があります。

ただ、他記事でも触れましたが、問題は、「ゼロスタイル」はミント以外のフレーバーがないこと(メンソール嫌いな人もいますからね)と、ニコチン含有量の高いタバコが好きな人にはおそらく「物足りない」であろうことです。

この課題をいかに素早く確実にクリアしていくかで、今後の地方への展開戦略も変わってくると考えられます。


もし禁煙を検討されている方がいれば、下記から情報をどうぞ。





↑嗅ぎたばこ(かぎタバコ)はこのような容器に入っています

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

オススメのオンラインゲーム








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。