スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロスタイルと電子タバコ

JT無煙タバコゼロスタイル」は、テレビでもよく紹介されるようになりました。
テレビ番組の司会者さんや出演者さんがよく疑問として、「ゼロスタイルと電子タバコはどう違うのか?」と発言しています。

以前の記事にゼロスタイルの特徴を記してあるので、ここでは電子タバコについて解説します。

Ⅰ.電子タバコは、専用カートリッジ内の液体を電気的に霧状化し、その微粒子(水蒸気)を吸引することでタバコの代替とする製品です。

Ⅱ.火を使わず電気で作動するため、火事や火傷の心配がありません。

Ⅲ.煙ではなく水蒸気が出るので、周囲にタバコ臭をばらまくこともなく、室内でも壁紙にヤニがつくのも心配なしです。

Ⅳ.電気なのでバッテリー持続時間の問題がありますが、家庭で簡単に充電できます。充電の仕方は、コンセントに充電器をつなげるタイプや、USBでパソコンから充電できるタイプがあります。

Ⅴ.タールやニコチンを含んでいないため、健康被害を気にせずに楽しめます。このため、禁煙に利用している人も多いようです。


ざっと、5点ほど特徴を紹介しましたが、「Ⅴ.」に関して、補足します。
国内で流通している正規品は、基本的にタールフリー、ニコチンフリーです。
しかし、海外から輸入しているものの中には、ニコチンが含まれている製品もあります。
ニコチンが含まれている電子タバコは、薬事法に抵触するので注意が必要です。
個人で所有して楽しむ分には問題ないと思われますが、第三者に販売したりとなると状況が変わります。

ニコチンの含まれていない電子タバコは、一部の禁煙指定場所での喫煙(?)が可能です。
ただ、見かけ上は立派に「タバコ」なので、未成年者への販売を制限している店舗もあります。


この電子タバコ、WHOが「禁煙具」として認定しなかったため、国内では「喫煙具」の扱いになっており、たばこ税が課税されるとの懸念が浮上しています。

もし禁煙を検討されている方がいれば、下記から情報をどうぞ。


スポンサーサイト
オススメのオンラインゲーム








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。